読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくしんとる

落ちたてほやほや。来年採用に向けて前を向く。

今回の申請書について気がついたこと

【先生のアドバイスは偉大】先生から「ここ直せ」ポイントをマシンガンのごとく浴びせられ、いや浴びせていただき、帰宅してから急いで書き留めたメモを整理して、それにしたがって申請書を書き直した。すると最初に書いていたのと全然違うものになって驚い…

今回の申請書について気をつけたこと

今までまとめてきたことに加えて、何を特に意識して書いたか。文章にするのがめんどいので箇条書き。---------------------------・言葉に詰まる=自分の研究のウィークポイント、あるいは知識不足、リサーチ不足・言いたいことをうまく表現できない=表現で…

提出完了

申請書、提出してきました。まだ最終締め切りまで時間があるので、修正を続ける予定です。あーしんど。疲れた。今回は一回書いたものを一部修正ではなく全面的に書き直しました。二種類作ったみたいな感じ。その甲斐あって、二回目のはだいぶ読みやすくなっ…

注意点まとめ(2)

・関連する研究との差別化。独創性を明確に。お前は何が違うのか、と。・研究の意義、有用性を明確に。お前は何がすごいねん、と。・研究計画の妥当性を明確に。ほんまにそんなことできんのか、と。・「これまで注目されてこなかった〜〜」=新規性・「これ…

注意点まとめ(1)

ネットで拾ったもの・人から聞いたもの とりあえず箇条書き ・わかりやすく書く。内容は簡潔に、表現は平易に。・インパクトのある、一発で意味の分かる言葉を使う。・専門用語はなるべく使うな。読む気が萎える。・太字・下線を効果的に使う。・申請書の「…

4. 年次計画

4. 年次計画 のだめなところ 具体的に何を明らかにするか、はここで書くべきことではない。 まず何をして、次に何をやって、どういう成果をあげるかという手順が不明確。 計画の具体性が足りない。 -------------------------------------------------------…

3. これからの研究計画 (3) 研究の特色・独創的な点

3. これからの研究計画 (3) 研究の特色・独創的な点 のだめなところ 一文が長い。狭いスペースにみっちり書き込もうとしすぎ。 ただ、我ながらこの箇所はうまく書けているほうだと思う。 -----------------------------------------------------------------…

3. これからの研究計画 (2) 研究目的・内容

なんと・・・年明けてるし・・・しかももう2月だし・・・誰だ10月中に見直しするとほざいていたやつは・・・11月から1月にかけて色々ありまして、学振のこと完全にサボってました。 ただ、この間、助成金の申請書やら研究計画書やら発表原稿やら論文やらをい…

3. これからの研究計画 (1) 研究の背景

「学振」と検索してあちこち回っていると、ときにはグサリとくるものにも出くわします。「取れないほうがおかしい」「『申請書の書き方』など別に見る必要もないほど当たり前のものばかり」「学振とか余裕。自分も周りもみんな通ってる」等々。よほど優秀な…

2. 現在までの研究状況

週明けからと言いながら火曜日になってしまいましたが、今日から申請書の比較をしていきたいと思います。比べるのは、今回の自分の申請書と、ネットで見ることができる採択された申請書。全部で7ページ。1日1ページずつチェックして、この1週間でまず気づい…

申請書の比較

明日は講演会へ行くので、あまり時間は取れなさそうです。でも落ちた申請書と通った過去の先輩方の申請書との比較メモだけは電車の中などで作る予定です。週が明けたら比較メモをここで整理していきたいと思います。ネット上で開示されているありがたい申請…

学振落ちた。

昨日、学振の結果発表でした。楽しい週末のために週明けまで見ないでとっておきたい気分だったけど、当たり前のことながらいつ見たって結果は同じなので、見ました。まあ惨敗です。これで2回目ですが、落ちたことそのものより、1回目よりも評価が落ちてB→Cに…