読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくしんとる

落ちたてほやほや。来年採用に向けて前を向く。

3. これからの研究計画 (2) 研究目的・内容

なんと・・・年明けてるし・・・しかももう2月だし・・・
誰だ10月中に見直しするとほざいていたやつは・・・
11月から1月にかけて色々ありまして、学振のこと完全にサボってました。

ただ、この間、助成金の申請書やら研究計画書やら発表原稿やら論文やらをいくつか書く機会があり、それなりに考えはまとめていたので、その経験を活かしつつ今年の申請書を仕上げていきたいと思います。どんな人がこんなとこ覗いていらっしゃるのか知らないけど。


3. これからの研究計画 (2) 研究目的・内容 のだめなところ

  1. 研究目的、研究方法、研究計画を一箇所にまとめている。
  2. 研究内容に紙面の3/4を割いており、詳しく書きすぎている。
  3. 太字で強調している研究の小テーマが簡潔ではあるが、分かりにくい。
  4. 無駄な言葉が多い気がする。まわりくどい。
  5. 研究目的を細分化したため、目的が定まらずに散らばっているように見える。

--------------------------------------------------------------------------------

1. 研究目的、研究方法、研究計画を一箇所にまとめている。

目的と方法とを分け、明確に述べるべきだった。すべてがまとまっているので、どこからどこまでが目的で方法なのかがひと目で分からない。目的1→方法1→目的2→方法2→目的3→方法3、という書き方よりも、目的と方法とをまとめて示したほうが読みやすい。

2. 研究内容に紙面の3/4を割いており、詳しく書きすぎている。

専門的な割には、研究内容から「研究計画」がさっぱり見えてこない。具体的に誰の何を参考にしながら、どこの何を明らかにするのか、その道筋がはっきりしない。そもそも、1/4の文章のうちに詰め込んだ研究計画など「計画」と呼ぶには値しないわけで、研究内容のところで具体的な計画を提示するべきだった。

3. 太字で強調している研究の小テーマが簡潔ではあるが、分かりにくい。

概念をただいたずらに弄しているだけに見える。ある概念を扱い、その意義や中身を明らかにしたい、ということを述べているだけで、なぜその概念を扱うべきなのか、という根本的な研究動機が分からない。仮に自分が使っている言葉を別の専門領域のタームに置き換えてみたらと考えると・・・いかに無意味なことをぐだぐだと説明していることか。

4. 無駄な言葉が多い気がする。まわりくどい。

たとえば、「AとBの関係性」と書けば済むところを、「AとBはどのような関係にあるか」というふうに書いていて、まわりくどいし、スペースの無駄遣いをしている。本当は書かないといけないことが他にもたくさんあるのに、なぜか字数稼ぎをしているように見える。

5. 研究目的を細分化したため、目的が定まらずに散らばっているように見える。

大きな研究目的より、年ごとの計画に合わせて細分化した目的のほうが目立ってしまい、「あれもこれも」状態になっている。研究目的を分けるより、ひとつの研究目的に対して計画を分けて書くほうが明らかに分かりやすいし、自分が結局のところ何をしようとしているのかを読み手に印象づけられると思う。

 

申請書5ページの②のところに、「どのような計画で、何を、どこまで明らかにするのか、具体的に記入してください」とあるが、素直にこの通りに書けばいい。①の「研究目的、研究方法、研究内容について記述してください」という指示を、②に照らして分かりやすく書くなら、「とにかく何のために、どうやって、何をするのか明確に書け(具体的な計画についてはそのあと書いたらいいからさ)」ということである。

今更何を言っているんだという感じだが、これを忠実に守らないがために、去年はぐだぐだの申請書になってしまったのだ・・・。