がくしんとる

落ちたてほやほや。来年採用に向けて前を向く。

3. これからの研究計画 (3) 研究の特色・独創的な点

3. これからの研究計画 (3) 研究の特色・独創的な点 のだめなところ

  1. 一文が長い。狭いスペースにみっちり書き込もうとしすぎ。
  2. ただ、我ながらこの箇所はうまく書けているほうだと思う。

--------------------------------------------------------------------------------

1. 一文が長い。狭いスペースにみっちり書き込もうとしすぎ。

「〜〜〜だが、〜〜〜であり、〜〜〜である」とか、「〜〜〜では〜〜〜だが、〜〜〜の点では〜〜〜である」という長ったらしい文章が多い。あとは、「一線を画す」とか「軌を一にする」とか、小難しい表現を使ったのもまずかったと思う。「同じ」と「異なる」で十分だったのに。


2. ただ、我ながらこの箇所はうまく書けているほうだと思う。

採用された申請書を見ていると、この箇所の書き方はさまざま。たとえば、項目ごとにはっきりと分ける(①、②、③と番号をふってどこに何が書いてあるか明示する)か、あるいは段落を分けるだけにするか、予想される成果を箇条書きにするかしないか、などの違いがある。自分の申請書も、形式だけ見れば問題ないと思う。が、文章に素直さが足りないことと、内容のパンチ力のなさのせいで、魅力が感じられない。