読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がくしんとる

落ちたてほやほや。来年採用に向けて前を向く。

注意点まとめ(2)

申請書作成上の注意

・関連する研究との差別化。独創性を明確に。お前が何が違うのか、と。
・研究の意義、有用性を明確に。お前は何がすごいねん、と。
・研究計画の妥当性を明確に。ほんまにそんなことできんのか、と。
・「これまで注目されてこなかった〜〜」=新規性
・「これまでにないユニークな〜〜」=独創性
・「本研究が取り組むのは〜〜する挑戦的な課題である」=チャレンジング
・「〜〜が可能になる」=効果
・「〜〜にも波及効果が期待できる」=関連分野への影響力
・綿密な研究計画の立案
・研究題目は最近採用されたものを参考にする。
・業績欄から埋めていくと、「これまで」と「これから」が見えやすい。
・計画性はまじで重要。
・他分野の人に読んでもらうのだということを常に意識。
・大枠を書いてから埋める。大量に書いてから削る。これを繰り返す。
・いきなり一発目から完成版を仕上げようと思わない。無理。
・分野の全体像をつかめていることをアピール。
・比較を活用。
・具体的な数値をあげて違いを明確に。
・専門用語を使いたいときは「〜〜という○○」「○○は〜〜だが」という定義づけを。
・単純に。
・明瞭に。
・印象に残るように。
・常日頃から人に説明する訓練を。